【topics】片付けられない病気とは?

ゴミ屋敷や汚部屋を作り出してしまう原因として、脳や精神的な疾患があるのではないか?という説があります。ここでは、“片付けられない病”について考えてみましょう。

片付けられない原因として考えられる病気

古くから“だらしのない人”と言われ続けてきた、ゴミ屋敷や汚部屋の住人たち。ゴミの中に埋もれて暮らす異常な様子から、実は病気なのではないかと言われはじめ、片付けられない原因についてさまざまな説が浮上しています。

なかでもよく語られているのは、「ADHD」という脳の疾患が原因なのではないか、という説。

ADHDは注意欠陥多動性障害と呼ばれる脳の病気で、多動で集中力がない、注意力がなくてボーとしている、といった症状が見られる子どもの疾患だと思われていました。

しかし、最近は大人になってからも症状が続くケースや、成人してから病気に気が付くケースなどが増え、注目を集めています。

このADHDが汚部屋を作り出す原因なのではないか、と言われているわけです。

確かに、部屋が汚くなってしまう人は、衝動買いや流行買い、安いものを大量に買い込んでしまう傾向が強く、計画性がなく我慢が苦手、といった特徴があります。これらの特徴は、大人のADHDの症状と共通する部分もありますね。

すべてが病気のせい、と言い切ってしまうことはできませんが、子どものころからそんな傾向があったな…と少しでも思い浮かぶ方は、片付けにちょっとした工夫が必要でしょう。

片付けられない病気に立ち向かうには

大人のADHDの症状としては、先に述べたように、衝動買いが多い、作業を計画どおり行なうことが苦手、といった特徴があります。決められたルールや計画に従うことや、時間どおりに作業することが難しいですし、ひとつのことに集中するのも苦手なので、掃除や片付けなどは至難の業です。

さらに、その場の思い付きで行動してしまうことが多いので、要るのか要らないのかも考えずに物を増やしてしまい、どんどん部屋が汚れてしまいます。

こんな難しい疾患に立ち向かい、汚部屋を脱するためには、日常生活の中で常に工夫する必要があります。

まずは、ふだんから物を増やさず部屋を汚さないために、金銭管理をしっかり行なうこと。

買い物をする際に家族の了承を得てから買う、カードや多額の現金を持ち歩かないなど、本人以外の誰かがサポートして、衝動買いや無駄買いを抑える必要があります。

さらに、片付けや掃除はがんばりすぎず、誰かに手伝ってもらうこと。

どうしても完璧を目指してしまうものですが、最初からキレイに片付けようと思っても集中力が続かず途中で挫折します。イライラも募ってしまうので、できるところまでの努力にとどめておき、家族や知人に助けを求めてみましょう。

「ここまでできたら自分にご褒美!」といったルールを設けてみてもいいですね。

また、片付けは専門業者に任せる、と割り切って、定期的に依頼してみるのも有効な手段です。

なかには片付けに関するカウンセリングを請け負う業者もありますので、ぜひ活用してみてください。