ハウスクリーニング(消臭・脱臭)

ゴミ屋敷や汚部屋に溜まった大量のゴミを片付けたあとは、汚れた床や壁、油汚れでドロドロのキッチンやカビだらけのお風呂の惨状が残ります。ゴミを処理してもらったものの、部屋の掃除は自力で…となると、まだハードルが高いな、と感じる方も多いはず。

そこで、片付け業者にお願いできるハウスクリーニングについて、どんなときにお願いするとよいのか、具体的にどんなコースがあるのかなどを紹介しましょう。

どんなときにハウスクリーニングが必要なのか?

基本的に“片付け後の掃除を自力でできない…”という方はハウスクリーニングをお願いすべきです。

そのまま同じ部屋で住み続ける人はもちろん、賃貸物件で引っ越しを考えている方はなおさら、部屋を出る際に汚れが残っていると、大家さんから多額のクリーニング費用を請求されることも。

だったら、納得のいく業者に片付けと掃除を一緒に依頼し、一気にキレイにしてしまいましょう。

以下のようなケースでは、ハウスクリーニングを依頼した方が無難と言えます。

  • 賃貸物件なので、片付け後に汚れを落として原状回復したい…
  • お風呂やキッチンなど水回りの汚れがひどい…
  • 畳や床がゴミで汚れていて、自力では落とせない…
  • ゴミを片付けても、部屋の臭いがなかなか取れない…
  • 害虫や害獣が発生している…

ハウスクリーニングではどんなことができる?

片付け業者に清掃も一緒にお願いすると、プロならではの技術でピカピカなお部屋を取り戻すことができます。

キッチンやトイレ、お風呂など汚れが目立ちやすい水回りの掃除は、基本的にプロにお願いした方が確実。

また、ゴミ屋敷や汚部屋の掃除は、害虫や害獣が発生している恐れがありますから、それらの駆除もプロに任せましょう。

大量のゴミを長年ため込んだことによる悪臭は、素人の掃除ではなかなか取れませんが、プロの特殊な清掃技術ならスッキリ短時間で解消します。

業者にハウスクリーニングを依頼すると、どんな作業をお願いできるのか、以下にまとめてみます。

  • 床や壁などの黄ばみ、汚れをキレイに落とす。
  • キッチンやトイレ、お風呂などの水回りの汚れ、下水管の詰りなどを解消する。
  • 害虫や害獣の発生している場所の処理、駆除。
  • エアコン内部のクリーニング。
  • 部屋に染みついている嫌なニオイを消臭する。

ハウスクリーニングを行なってくれる業者のお掃除コース具体例

今回ランキングで紹介している業者の中には、ハウスクリーニングを得意としている会社がいくつかあります。それらの会社では、どのようなお掃除のコースを用意しているのか、具体的に紹介しましょう。

『時間内できるだけパック』 by アクト片付センター
午前9時から午後4時まで、作業員が目いっぱい清掃作業を行なうクリーニングプラン。作業員1名につき28,000円となっています。事前の打ち合わせまたは当日の朝に、重点的に行なう箇所や希望などを伝え、家全体のクリーニングを時間内で終わらせます。
『消毒とオゾン脱臭』 by お部屋片付け日本一
ゴミを片付けた後の部屋に悪臭が残り、なかなか取れない場合や、床などに激しい汚れがあるケースにピッタリ。特殊技術や専用のマシンを使って清掃を行なうコースです。オゾン消臭機を現場に持ち込み、部屋を密閉して、2日間にわたって消臭&殺菌作業を行ないます。